Viber Bot、コミュニティ、およびVAPの利用規約とガイドライン

Bot、コミュニティ、チャンネル、Viber 管理パネル (VAP) サービスは、本書で定義され、総称して「サービス」と呼ばれ、Viber アプリケーション(「Viber アプリ」) で提供する、または関連して提供される他のサービスの一部であり、良い雰囲気を広めるもう 1 つの方法です。このサービスの使用を選択した場合は、当社の利用規約、Viberのプライバシーポリシー、Viberのパブリックコンテンツポリシー、およびViberのDMCA ポリシー (総称して “Viber ポリシー”)、さらにはサービスの使用に適用される以下の Bot、コミュニティ、およびVAP の利用規約 (「ガイドライン」) を必ずお読みください。

すべての Viber サービスを使用するには、13歳以上である必要があります。Bot 管理者、コミュニティ管理者(スーパー管理者を含む)、VAP管理者を総称して「管理者」とします。Viber ポリシーおよびこれらのガイドラインは、以下のとおり、本サービスのすべての使用に適用されます。

  1. サービス

1.1 本サービスのユーザーは、本サービスの他のユーザー(「Viberユーザー」)が共有するコンテンツにさらされます。本サービスには、さまざまなトピックに関するViberユーザーのコンテンツが含まれているため、すべてのViberユーザーはコンテンツポリシー利用規約、および本ガイドラインに従う必要があります。Viber は、Viber ユーザーがサービスに投稿したコンテンツを管理したり、責任を負うものではありません。それでも、投稿、共有、または関与したコンテンツが当社のコンテンツポリシーに違反していると感じた場合は、Viber サポートにそのようなコンテンツを報告してください。「購読解除」ボタンをクリックするか、コミュニティの「退会と削除」をクリックすることで、いつでもBotサービスの「登録解除」することができます。また、特定のサービスのコンテンツが著作権を侵害していると思われる場合は、当社の指定された著作権代理人に連絡して、かかるコンテンツ(またはアクセス権)の削除を要求することができます。DMCA 通知のガイドラインと手順を確認するには、DMCA 通知ページをご覧ください。

1.2 本サービスは、合法的な目的にのみ使用されるものとします。そのため、制限なく以下を行ってはいけません:(a) 自分宛てではない通信を傍受または監視、損傷または変更すること、(b) 本サービス、Viberアプリ、Viber API、または基盤となるソフトウェアまたは通信をひずませる、削除、損傷または分解するように設計された、あらゆる種類のスパイダー、ウイルス、ワーム、欠陥、トロイの木馬、時限爆弾、またはその他の悪意のあるコードまたは侵害コードまたは命令を使用すること、(c) Viberのサーバー、システム、ネットワークの正常かつ適切な機能および動作を妨害したり、Viber、ViberアプリまたはViberユーザーにセキュリティリスクまたは脅威を生み出したり、Viber APIに関連するその他の技術的指示に従わないような方法でサービス、ViberアプリまたはViber APIを使用すること、(d) 適用法で許可されていない迷惑な通信(「SPAM」)を送信したり、Viber ユーザーのオプトインなしにバルクメッセージング、バルクメールソフトウェア、メール/電話番号のリストを含むスパムを送信する目的で、バルクマーケティング製品を促進すること、(e) 本サービスを使用して、虚偽、誤解を招く、不正直、不正確、非現実的、または欺瞞的な製品またはサービスを宣伝すること、または Viber ユーザーを誤解させる行為を行うこと、(f) 第三者に対して、いかなる方法においても不快、未成年者に対して有害、わいせつな、または不愉快な素材を公開したり、本サービスを利用して、第三者のプライバシーを脅かしたり、辱めたり、苦痛を与えたり、脅迫や嫌がらせをしたり、プライバシーを侵害したりすること、(g) 権利の所有者からライセンスまたは許可を取得している場合を除き、第三者の所有権の対象となる素材またはコンテンツを使用すること、(h) 13歳未満の未成年者に対して本サービスを利用すること、(i) ゲスト、サブスクライバー、またはメンバー(以下に定義)またはBotまたはコミュニティ(以下に定義)に提供すべき情報を省略する、または開示せず、関連するすべての情報を開示すること、(j) サービスを使用して、Viber ユーザーと医療機関との直接会話を支援または可能にしたり、医療機関から取得した患者データまたは健康関連データを送信または収集したりすること、(k) Viberが非公正な利用と見なすあらゆる方法で本サービスを利用すること(基準から外れた、普通でない使用、コミュニティを作成したり、Bot を自由に開発したりする能力を不当に活用することを含む)。

1.3 本サービスを使用してコンテンツや情報を公開する場合、すべての Viber ユーザーがその情報にアクセスして使用し、所有者(名前やプロフィール写真、およびチャット画面で位置情報ボタンを有効にした場合で、メッセージに添付することを選択した場合は、その場所など)との関連付けすることを許可することを意味します。

1.4 サービスの使用を選択した場合、購読、参加、管理を選択したBotおよび/またはコミュニティに関連する通知をViberおよび/または管理者から受け取ることに同意し、オプトインするものとします。

2. メンバーと購読者

2.1 Bot(ボット)。Viber Bot 機能を使用すると、Viber の Bot とサードパーティの Bot を購読し、複数のボット(「Bot」)から 1 対 1 のメッセージを送受信することができます。購読せずに Bot を訪問すると、Bot の「ゲスト」になります。ゲストとして、Bot から提示された「購読」ボタンまたはその他のボタンをクリックするか、Bot に対して 1 対 1 のメッセージを書き込むと、Bot の「購読者」となり、Bot からメッセージを送受信できるようになります。いつでも「購読解除」ボタンをクリックして、Bot の登録を解除することができます。

2.2 コミュニティ。コミュニティは、Viber ユーザーがメッセージを交換して互いに交流できるグループチャットで、最大10億人のViberユーザー(「コミュニティ」)を含めることができます。参加すると、コミュニティの「メンバー」になります。コミュニティの一員として、Viber ユーザーはコンテンツを共有したり、会話をしたり、他の Viber ユーザーとコミュニティを共有したりすることができます。Viber ユーザーは「退会と削除」ボタンを選択することで、いつでもコミュニティを退会できます。

コミュニティのすべてのメンバーは、コミュニティの他のすべてのメンバーのユーザー名と写真を表示し、プライベートな会話で相手と交流することができます。コミュニティメンバーからプライベートメッセージが送信されると、Viberの名前と、送信先メンバーと共通するコミュニティを示す通知が自動的に届きます。このとき、「メッセージを表示する」を選択するか、このメンバーがメッセージを送信するのを「ブロックする」かを決定できます。これは、メンバーになっているコミュニティまたはその他のコミュニティで行えます。また、コミュニティのプライベートメッセージ機能は、特定のコミュニティの他のメンバーからのプライベートメッセージを受信したくない場合に備えて、コミュニティ設定画面から無効にすることもできます。

コミュニティ機能または Bot 機能を通じて Viber ユーザーと管理者の間でやり取りされる会話の内容は、エンドツーエンドで暗号化されず、Viber および関連する管理者およびそのサードパーティプロバイダによって保存される場合がある点に注意が必要です。

3. VIBER 管理パネル

Bot を作成するには、Viber 管理パネルまたは 「VAP」 と呼ばれる Viber アプリと統合されている専用の Web サイトを介して作成する必要があります。VAP を使用すると、Bot を作成し、すべてのボットの分析を受け取り、Viber ポリシーとこれらのガイドライン (「分析」) に従って、自分が管理する各 Bot のアクティビティを監視および追跡できます。Bot に複数の管理者が含まれる場合、各管理者は、VAP が提供する分析を含む情報を確認できます。Viber は、VAP で提供される分析の正確性および/または完全性に関して、保証、表明または保証を行いません。

Bot を開くには、アカウントを開設する際に当社から要求された情報を提供する必要があります。それには、例えば、Bot に使用する名前や画像、Bot のカテゴリや分類、この機能に対する一般的な情報が求められます。提供する情報は正確でなければなりません。また、これらの情報はすべて当社のプライバシーポリシーに従うものとします。また、Bot を公開して検索可能にすることもできます。これには Viber 独自の裁量での承認が必要です。Viber に承認されると、その Bot はすべての Viber ユーザーから検索可能になります。

これらのガイドラインおよび Viber ポリシーに従って、Viber は、Bot のアクティビティを監視する目的でのみ、ユーザーが管理する Bot に関連する分析をコピーして使用するための、限定付き、取消可能な非排他的なサブライセンスライセンスを付与します。

4. 管理者

4.1 BOT 管理者。Bot を開設すると、自動的にボット管理者 (「Bot 管理者」) になります。Bot の作成と保守は、「Viber 開発者向け配布契約」の対象となります。これは、随時改正されます。Bot 管理者は、Bot の公開および非公開を選択できます。いつでも Bot を非公開にできます。Bot の公開を選択し、Viber から公開の承認を受けると、すべての Viber ユーザーが検索、参照、購読できるようになります。ただし、Bot が未公開の場合でも、Viber ユーザーを Bot に誘導することができます。Bot 管理者には、他の Bot 管理者を追加または削除する権限があります。1 つの Bot に対して複数の Bot 管理者が存在する場合があります。Bot 管理者は、Viber 開発者向け配布契約、Viber ポリシーなどのガイドラインに従い、適用されるすべての法律および規制を遵守するものとします。あなたは、いつでもその独自の裁量で Viber が Bot を承認しない、公開しない、または公開を停止する権利を持つことを認め、同意するものとします。Viber による Bot の承認は、Viber が上記のいずれかに準拠していることを示すものではなく、Bot に対する Viber の責任を推測するものでもありません。

4.2 コミュニティ管理者。コミュニティを作成するオプションは、Viber ユーザー全員が利用できます。コミュニティを作成すると、自動的にコミュニティの「スーパー管理者」になります。スーパー管理者は、他のスーパー管理者、他のコミュニティ管理者、および/またはコミュニティのメンバーを追加または削除したり、コミュニティに投稿できるユーザーを制御したり、コミュニティを他のメンバーが共有できるかどうかを選択したり、他のメンバーによるメッセージを削除したりできます。スーパー管理者は、招待リンクを取り消し、他の Viber ユーザーをコミュニティに参加させて、スーパー管理者または「コミュニティ管理者」にすることもできます。コミュニティ管理者は、コミュニティからメンバーを削除したり、コミュニティのメンバーから投稿したメッセージを削除したり、他の Viber ユーザーに招待を送信してコミュニティのメンバーにしたりできます。1 つのコミュニティに対して複数のスーパー管理者とコミュニティ管理者が存在できます。その制限は最大で合計 250 です。他のスーパー管理者やコミュニティ管理者は、本ガイドラインおよび Viber ポリシーに対する完全な同意と、適用されるすべての法律および規制の遵守に従ってのみ追加できます。あなたは、いつでもその独自の裁量で Viber がコミュニティを承認しない、公開しない、または公開を停止する権利を持つことを認め、同意するものとします。

4.3 Bot とサードパーティプラットフォームの統合。Bot 管理者は、Bot のメッセージや購読者との会話を自動化したり、Viber のアプリケーションプログラミングインターフェイス(「Viber API」)を介してサードパーティのプラットフォームと統合して、サードパーティがViber 開発者向け配布契約およびガイドラインに同意することを保証する責任を負うものとします。その場合、あなたは、Bot および会話に提供するアクセスに関連する第三者の行為において Viber および Viber ユーザーに対して責任を負うものとします。それには、Viber ユーザーのプライバシーおよび情報のセキュリティに関する違反、Viber ポリシーの違反、または法律および規制の違反を含み、これに限定されません。これは Bot を閉鎖した後も該当します。したがって、あなたは、信頼できる第三者のみを使用する必要があります。第三者も本ガイドラインおよびViber 開発者向け配布契約に準拠する義務があります。

5. 管理者の義務

5.1 全般。管理者(スーパー管理者を含む)として、あなたは、すべてのコンテンツが Bot またはコミュニティに確実にアップロードされ表示されること、Viber の公開コンテンツポリシーおよび適用されるすべての法律および規制、ならびに本ガイドラインおよび Viber ポリシーに準拠していること、禁止されている行為をしない、および第三者に禁止されている行為を許可しないことを保証しなければなりません。あなたは、ユーザーが提供するコンテンツおよび/またはデータまたはコンテンツの損失についてViber が責任を負わないことを理解しているものとします。あなたは、自分が送信、開示、発信、またはそれ以外で配布した写真、画像、動画、オーディオを含むコンテンツ、または Bot とコミュニティを使用して、ユーザーが提供、収集、または保存するコンテンツを含むすべてのコンテンツを所有および管理し、責任を負うものとし、そのようなコンテンツに関して、Viber の権利または適用される法令に違反するいかなる違法または不適切な行為を行わないものとします。Viber は、コンテンツが無許可または違法であると判断した場合、または本ガイドラインまたはその他の Viber ポリシーに違反していると判断した場合、コンテンツを削除することがあります。Viber はコンテンツやデータを保存しないことがあるため、重要なデータを保存およびバックアップする必要があります。

5.2 Bot とコミュニティの利用規約。あなたは、これらのガイドラインおよび/または Viber ポリシーと矛盾する、または一貫性のない Bot および/またはコミュニティの条件を確立することは許可されていません。Bot やコミュニティを通じて提供されるすべての製品またはサービスは、Viber ポリシーおよび本ガイドラインに準拠している必要があります。管理者として、あなたは適用される法律、ガイドライン、および Viber ポリシーの遵守を確実にするために必要な限り、Bot および/またはコミュニティへのアクセスが(利用可能な Viber ゲートウェイの制限を通じて)制限されていることを保証する責任があります。Viber は、コンテンツが無許可または違法であると判断した場合、または本ガイドラインまたはその他の Viber ポリシーに違反していると判断した場合、コンテンツを削除することがあります。

5.3 第三者。本サービスに関連して第三者との契約または誓約を持つ場合は、本ガイドラインおよび Viber ポリシーに準拠し、矛盾しないものとします。あなたに代わって本サービスを第三者が使用する場合は、本ガイドラインおよび Viber ポリシーの対象となります。また、あなたが、あなたに代わって行動する第三者の行為に対して責任を負うものとします。あなたは、いかなる方法においても、または第三者を通じて、本ガイドラインまたは Viber ポリシーに違反する、あるいは違反を奨励してはいけません。第三者に代わって Bot および/またはコミュニティを管理する場合、あなたは当該第三者に代わって行動するすべての権限、承認、権利を有し、当該 Bot および/またはコミュニティによる本ガイドラインの違反に対して共同で責任を負うものとします。

5.4 管理者のクレーム。Viber は、管理者および/またはスーパー管理者の間のクレームまたは紛争を含むがこれらに限定されない、該当するサービスからの管理者またはスーパー管理者の削除に関連するいかなるクレームに対しても責任を負いません。

5.5 管理者の責任。管理者(スーパー管理者を含む)は、(i) Viber ユーザーのプライバシーおよび情報のセキュリティに関するいかなる違反、(ii) Viber ポリシーまたは本ガイドラインの違反、(iii) 管理者がサービスアカウントを閉鎖した後でも、適用される法令の違反を含みそれに限定されない Vibe および Viber ユーザーの行為や不作為に対して共同で責任を負います。したがって、信頼できる管理者のみを追加すべきです。

5.6 Bot およびコミュニティによる 1対1 のメッセージ送信。Bot の管理者としてあなたが送信できるのは、Bot 経由でメッセージの受信を承諾している Viber ユーザーに対して 1対1 のメッセージ(送信メッセージ)のみです。メッセージ受信を承諾していない Viber ユーザーや、Bot の購読を解除した Viber ユーザーに対してメッセージを送信することはできません。当社は、購読者のサブスクリプション期間を制限する権利と、非アクティブになったサブスクライバーにメッセージを送信する権利を留保します。「非アクティブなサブスクライバー」とは、管理者との一定期間の 1対1 メッセージを開始していない Bot のサブスクライバーであり、その期間は Viber が独自の裁量で決定する可能性があります。あなたは、Viber が単独の裁量で1対1のメッセージを送信し、課金する権利があることを認め、同意するものとします。

6. 公式当事者の Bot とコミュニティ

6.1 団体、組織、ブランド、場所、公的人物用の Bot またはコミュニティ(「公式当事者」)は、その団体、組織、ブランド、場所、または公的人物に承認された代表者によってのみ管理することができます。

6.2 興味を示す、あるいはサポートを行う目的で作成された Bot またはコミュニティにおいて、公式当事者は、他者に対して、当該公式当事者の公式ページであると誤解したり、第三者の個人、プライバシー、所有権、その他の権利を侵害ししてはなりません。

6.3 Bot またはコミュニティが公式当事者の公式ページでない場合は、次の手順を実行する必要があります。(a) コンテンツのソースとその主題が公式当事者の権限を持つ代表者のものであり、コンテンツのソースを Viber ユーザーに誤解させるコンテンツを投稿したりしない、(b) Bot またはコミュニティが公式当事者の公式ページではないことを明確にする。

7. BOT およびコミュニティの名称

7.1 管理者が選択した Bot 名とコミュニティ名は、そのコンテンツを正確に反映する必要があります。

7.2 Bot またはコミュニティの主題やコンテンツ、および名前との関係を変更しないという条件で、Bot またはコミュニティの名前を変更できます。

7.3 Bot およびコミュニティの名称は、Viber が独自の裁量で定義した特定の利用規約に準拠し、以下は禁止されています。

  • 単語すべてを大文字にする(略語は除く)、文法的に正しい大文字のみを使用する
  • 文字記号を使用する(句読点の多用、商標の指定など)
  • 自身が所有しない企業名やブランド名を含める(その使用を許可されていない場合、適用される著作権法または商標法に違反している場合)
  • 過度または不要な説明または解説を加える
  • 第三者の個人的な権利やプライバシーの権利、あるいは独占的な権利に違反する

7.4 上記の要件を満たすことができない場合は、Bot またはコミュニティ名の変更を求めることがあります。ユーザーがその要求に応じない場合、当社は、ユーザーの Bot またはコミュニティの管理者(または該当する場合はスーパー管理者)としての権利を削除する権利を留保します。

8. データの収集

8.1 コンテンツおよび情報を、何らかの手段または第三者を通じて収集する場合、あなたは、(Viber ではなく)あなたがこのコンテンツと情報を収集していることを明確かつ理解できるようにしなければなりません。あなたは、Viber ユーザーのコンテンツおよび情報の収集、保存、および使用に関して、適用されるすべての法律および規制を遵守するものとします。これには、通知を提供し、同じ情報を保護するだけでなく、Viber ユーザーの同意を得ることなどが含まれます、Viber ユーザーからコンテンツや情報を取得する方法に関係なく、あなたには、コンテンツや情報を再利用するために必要なすべてのアクセス許可を保護する責任を負い、そうしない場合には単独で責任を負うものとします。あなたは、GDPR において当該データのコントローラとみなされ、CCPA においてビジネスとみなされます。

8.2 あなたは、当社の許可なく、または Viber ポリシーおよび本ガイドラインによって許可されないいかなる方法で、Viber ユーザーのコンテンツや情報を収集したり、自動化された手段(Bot、ロボット、スパイダー、スクレーパーをハーベスティングするなど)を使用してサービスや Viber にアクセスしたりしてはいけません。

8.3 Viber、サービス、および/または Viber ユーザーから取得した情報またはデータは、Viber のプライバシーポリシー、およびプライバシーとデータ保護に関連して適用されるすべてのプライバシー法、規則および規制に従って使用されなければなりません。

8.4 Viberから受け取った情報またはデータ、サービスを介して、またはサービスを通じてアクセスする Viber ユーザーまたは他の人物または団体に関する情報またはデータは、Viber アプリケーション内の該当するサービスの下で Viber ユーザーとのメッセージや会話をサポートする以外の目的で使用してはいけません。

8.5 Viber から事前に書面による同意を得ない限り、あなたは、(a) Viber ユーザーに支払いカードの詳細、金融口座番号、その他の支払いおよびカード所有者データ、または機密データを共有または提供するよう依頼する、(b) メッセージに支払い情報が収集される外部サイトへのリンクを含める、(c) Viber ユーザーに関する機密データを収集するなどの方法で、該当するサービスのメッセージを使用したり、他の人に許可したりすることはできません。

9. ライセンス付与

9.1 ボットまたはコミュニティの作成者として、あなたは Viber およびその関連会社に対して、(i) Bot やコミュニティを組み込んだ Viber アプリの配布、および (ii) サービスを含む Viber アプリを宣伝する目的で、Viber の出版物、ケーススタディ、およびマーケティング資料に関連して、あなたが所有する(またはライセンスを持つ)商号、商標、サービスマーク、ロゴ、ドメイン名、およびその他の特徴的な機能を表示する、限定的で世界的かつ非独占的なロイヤリティフリーライセンスを付与するものとします。本契約では、Viber の商号、商標、サービスマーク、ロゴ、ドメイン名、その他の特徴的なブランドの機能を使用する権利を付与するものはありません。

9.2 Bot および/またはコミュニティの作成者として、その Bot およびコミュニティに関連する必要な特許、商標、企業秘密、著作権、その他の所有権などすべての知的財産権を含む、あらゆる知的財産権を保有する、または権利を与えられたことを表明し、保証するものとします。第三者の素材を使用する場合、当該 Bot およびコミュニティで第三者の素材を配布する権利があることを表明し、保証するものとします。当該権利の所有者である、または正当な所有者から素材を提出する許可を得ている場合を除き、あなたは、特許、プライバシー、およびパブリシティ権を含む著作権で保護された、企業秘密で保護されている、または第三者の所有権の対象となる素材を Viber App に提出しないことに同意するものとします。

10. オファー

10.1 Viber ユーザーに対してオファーを作成または配信する場合、以下の条件が適用されます。

10.1.1 あなたは、あなたのオファーが本ガイドライン、Viber ポリシー、および適用されるすべての法律、規則および規制に準拠していることを保証する責任を負います。そのオファーは、多くの規制(飲酒、年齢制限、広告の真実など)の対象となる可能性があります。

10.1.2 13 歳未満の未成年者に対しては、いかなるオファーもできません。

10.1.3 あなたが販売者である、またはプロモーションする許可を持ち、ライセンス付与されている特定の製品またはサービスの製造業者である場合にのみ、オファーを実行することができます。

10.1.4 利用できない製品やサービスをオファーしてはいけません。

10.1.5 あなたは、あなたのオファーに関する制限、資格要件、および特別条件(有効期限、償還および払い戻しの制限など)を明確に記述する必要があります。あなたは、製品またはサービスの購入、インストールまたはダウンロードを許可する前に、関連する、または重要な情報、条件、または手数料を省略または隠蔽したり、別の事業によって Viber ユーザーを拘束することはできません。

10.1.6 製品またはサービスの購入、インストール、またはダウンロードを許可する前に、Viber ユーザーの明示的な同意を得るか、別の事業によって Viber ユーザーを拘束する必要があります。

10.1.7 あなたは、あなたのオファーの配布または履行に起因する不適切な履行、詐欺、紛争その他の問題を含みそれに限定されない、あなたのオファーおよびそれに関連する活動に対して単独で責任を負うものとします。

10.1.8 あなたのオファーが、あなたが所有、管理、または運用しない販売者によって引き換え可能である場合、あなたには、その販売者と連絡を取り、あなたのオファーを尊重させる責任があります。

11. Bot 支払いサービス

Bot 支払いサービスでは、Viber ユーザーが Google Pay サービスまたは Apple Pay サービス(総称して「Bot 支払いサービス」)のいずれかを使用して、販売者の Bot を使用して加盟店(「販売者」)に連絡し、Bot を介して提供される販売者のサービスや製品から購入することができます。購入者または販売者として Bot 支払いサービスを利用する場合、あなたは Viber Chatbot 支払いサービスに関する利用規約が、Bot 支払いサービスの使用に適用されることを認め、同意するものとし、その利用規約に完全に準拠するものとします。

12. プロモーション

12.1 あなたが本サービスを使用してプロモーションやキャンペーンを行う場合、法律、条件、資格要件を明確に規定し、未成年者に関する規則を含む、プロモーションおよび適用される賞品を支配するのに適用される法律、規則および規則を遵守することを含み、そのプロモーションの法的運営、およびそのようなプロモーションまたはキャンペーンに関連する活動に対して責任を負うものとします。

12.2 プロモーションには以下を含める必要があります。

12.2.1 Viber の完全なリリースとプロモーションの各加入者または参加者による Viber に対するクレームの放棄。

12.2.2 プロモーションが Viber によってスポンサー、承認、または管理されていない、または Viber に関連付けられていないことの確認。

12.3 あなたは、相手から明示的な同意を得ることなく、または欺瞞、偽造、詐欺、フィッシングなどによって、Viber ユーザーから個人情報を収集するサービス、活動、またはサイトを宣伝することはできません。

12.4 Viber がプロモーションの管理を支援することはありません。また、あなたが Viber アプリを使用してプロモーションを管理する場合は、自己責任で行うことに同意するものとします。

13. 使用料金。Viber は、本サービスの特定の機能の使用に対して無料で提供されている場合でも課金する権利を留保します。料金、手数料、支払条件に関する詳細は、当社の支払いポリシーをご覧ください。当社は、あなたが Bot またはコミュニティを通じて支払いの処理や製品またはサービスの販売を行う能力に対して、条件を制限または適用する権利を留保します。

14. Bot またはコミュニティの閉鎖。Bot またはコミュニティはいつでも閉鎖できます。Viber は、特定のスーパー管理者、管理者、フォロワー、購読者、メンバー、Viber ユーザーによる Bot またはコミュニティの停止およびクローズ、または当該サービスの使用を、その単独の裁量で責任を負うことなく、何らかの理由で停止および閉鎖することができます。上記のいずれかの場合、あなたは、該当するサービスの一切の使用を直ちに停止しなければなりません。以前に他のユーザーと共有したことのあるコンテンツや情報、または他のユーザーが共有したコンテンツは、あなたが対話した Bot またはメンバーであったコミュニティに維持されます。

15. サービスおよびこれらのガイドラインの更新。当社は、本サービスを定期的に更新し、それに応じて本ガイドラインを更新することがあります。あなたは、本サービスのメリットを最大限に活用するために、定期的に更新プログラムをダウンロードしてインストールすることに同意するものとします。さらに、Viber サービスを継続的に利用することにより、変更されたガイドラインに同意したとみなされることに同意するものとします。

16. 意見と要望。

16.1 サービス不具合に関する通知、補足機能および機能性など、サービスに関するご意見およびご要望をいつでも歓迎します。当社は、受けた意見や要望に基づいて回答または対処する義務はないものの、当社または当社の共同ブランドおよび関連会社によるサービスまたはその他の製品およびサービスに実装するための基礎を提供することができます。 宛にメールを送信するか、https://help.viber.com/en/contact でお問い合わせください。

16.2 サービスに関するご意見やご提案に感謝する一方で、あなたは、(あなたに意見および提案をする義務がないと同様に)当社がご提出いいただいたご意見およびご提案をあなたに対して補償する義務を負うことなく使用する場合があることを理解し同意するものとします。

 

© 2021, Viber Media S.àr.l.無断複写・複製・転載を禁ず